Home
Concert Schedule

For first time visiter
Window-shopping
Our Wonderful Earth
Tea Break

Links

お茶とおしゃべりのひととき


ロビンさんおすすめの京都カフェをめぐる

2009.2.14-15

【京都カフェ訪問記(後編)】

京都の中心街にあるカフェ2店と、やや北のはずれにある銭湯を改装したユニークなお店1店です(大徳寺の近く)。




■さらさ西陣

さらさ さらさ さらさ

古い銭湯を改装した、不思議な雰囲気をもつお店です。
外観は、見るからに銭湯。そして、店内もがばっと改造していないため
あちこちにお風呂屋さんらしき風情がたっぷり残っています。
(男湯と女湯の仕切の壁なども、健在)

「さらさ」は、京都人にはよく知られているご当地カフェで、
ほかにも、いくつか店舗をもっています。
ロビンさんも、この「さらさ」とのお付き合いは長く、
オーナーさんとも気心の知れた仲だそうです。

さらさ さらさ

ロビンさんは、
自転車に乗って、遠くへ行きたい!
と、思ったときに、
この「さらさ西陣」に出かけることが多いそうです。
ここには、ロビンさんの大好きなチャイがありますし、
ランチもとってもおいしい、らしいです。

今回は、夜に出かけたのですが
夜メニューも、なかなかおいしかったです。
オーダーしたお料理は、
野菜のクスクス、京豆腐とアボガドのサラダ
自家製塩漬け豚バラ肉のグリル など。

ここでご紹介するお店は、どこもそうですが
お店のスタッフさんが、とっても素朴で安らぎます。
せかせかしていなくて、ゆっくりした呼吸で働いているというか。
お店の雰囲気って、やはり、そこで働いている人が
つくりあげるものだな、と改めて感じました。

高級ホテルで受けるような洗練されたサービスも素敵ですが、
日常は、こういう体温を感じるようなあったかい接客が
ありがたいですね。

場所:北区・鞍馬口通り
   大徳寺の南あたりです。
TEL:075-432-5075
オーナーさん:あきさん
訪問したときにかかっていたBGM:ウクレレに日本語の歌詞
お茶した後のお楽しみ:船岡温泉、大徳寺、西陣散策
チャイの有無:有



■CAFE KOCSI

コチ コチ コチ

一度入ったら、じわーっと長く過ごしたくなる。
そんなお店です。
で、実際に、そうして長〜く居座ってしまう人が多いため
週末などは、満員状態が続くこともままあるようです。

店内に入ると、その理由がよくわかります。
隣のテーブルとの距離がたっぷりとってあるため
マイワールドにどっぷり浸かることができます。
店の右端のほうは、なんだか図書館みたいなのに
左端のほうは、だれかの家の応接間みたい。
テーブルによって、雰囲気が違うので、あちこちの席を
試してみたくなります。

ロビンさんもこの店ではよく集中できるらしく、
絵本 『HAPPY BIRTHDAY Mr.B!』の推敲を
よくここでやったそうです。

コチ コチ コチ


オーナーさんは、
ひとりひとりのお客さんに、
きちんと(たぶん自分の心に余裕をもって)
「ありがとう」と言いたい、という理由のため
一時、週3回くらいしか営業していなかったことがあるそうです。
そういう姿勢に、ロビンさんはとても心を動かされているようでした。

ちなみに、店名の「KOCSI」(コチと発音する)は、
ハンガリー語で、車(車輪)という意味だそうです。
(当のオーナーさんは、意味はわからず音がいいからと決めたとか)

窓際の席で、暮れなずむ空をながめながら
ロビンさんは、アールグレイティーとくるみタルト、
私は、ハーブティ(カモミール)とキッシュを
のんびりいただきました。

キッシュは、これまで食べたどれよりもおいしかったです!

コチ 
場所:中京区・富小路姉小路角
   ビルの2階にあります。
TEL:075-212-7411
オーナーさん:つぼくん、みほさん
訪問したときにかかっていたBGM:宇宙的な(?)曲
お茶した後のお楽しみ:南にエスニック&フェアトレードのお店・シサムコウボウ、東に民族楽器店コイズミ、西に京都万華鏡ミュージアム
チャイの有無:無



■前編へ!

HomeConcert ScheduleFor first time visitorsLive Photo | Window-shoppingOur Wonderful EarthTea breakLinks
mark
Robbin Lloyd Official Site
お問い合わせ:どら・くりえーしょん TEL.&FAX.075-752-1941
e-mail:  
Copyright (c) DORA CREATIONS. All Rights reserved.
Site design by MA+MA Planning Atelier : www.matoma.jp/