Home
Concert Schedule

For first time visiter
Window-shopping
Our Wonderful Earth
Tea Break

Links

お茶とおしゃべりのひととき


アフリカの布「カンガ」とネギ焼き

2005.9.18

おしゃれなアフリカ厳しい暑さもようやくやわらぎ、お散歩にぴったりの季節になりました。今回は、銀座でロビンさんと待ち合わせです。

銀座での待ち合わせ場所は、銀座三越。約束の時間の少し前に出向いてみると、すでにロビンさんはライオン像の前ですっくりと立っていました。銀座の大通りは、休日恒例の歩行者天国。道行く人々が広い通りをきままに歩いています。そんな休日モードの銀座をロビンさんはとても気に入ったようです。

少し歩いた後、その大通りに面した教文館ビルの6階にある「カフェきょうぶんかん」でお茶をすることに。このビルは感じよく古びていて、かわいい双子の階段(なぜか階段が並んで二つある)があります。


カンガのページ「三味線」と「鶴」の話は、今回こそやめようと言いつつ最初はやはりこの2つの話題になってしまいます。もう、病気ですね。話したい気持ちを抑えて、その話題を終えます。お互いの近況報告をしている時、ふと話題がアフリカの布「カンガ」へとうつりました。私が持参した「アフリカンドレス」という本の中に、カンガについてのページがあったのです。アフリカの女性は、この布をいろいろな方法で身体にまとって、ドレスにするそうですが、ロビンさんは、「この布には、それぞれに、いろいろな言葉が書かれていて、ある人に何か伝えたい時は、その気持ちに合わせて布を選んで、メッセージをさりげなく伝えるんですよ」と教えてくれました。本をよく読むと、カンガには「カンガセイイング」といわれるスワヒリ語のことわざや愛のメッセージがプリントされていると書かれていました。例えば、ある奥さんは「お酒は飲んでもいいけど、飲み過ぎてはダメ」という意味の言葉が書かれたカンガの布をまとって(文字が相手に見えるように)、お酒好きの旦那さんの帰りを待つのだそうです(もちろん文字を相手に見せるために!)。とても面白いコミュニケーションの取り方ですね。「新しい言葉をプリントしたカンガがどんどん売り出されていて、女性達はそれを楽しんで買っているみたいですよ。僕もアフリカでカンガを買いましたよ」とロビンさん。

マテ茶とお月見用の月餅そうそう、先日ロビンさんのところにユニークなファックスが届いたそうです。差し出し人は、兵庫県川西市にお住まいの女性。体操サークルの会長さんで、ロビンさんにぜひコンサートをやってもらいたいとのこと。そして、最後のほうに謝礼についてこんな風に相談されていたそうです。謝礼については、夜店でネギ焼きを売ったお金分しか払えないのですが、それでも来ていただけますか?・・・・。その後の電話でのやりとりでロビンさんは「お金ではなくてネギ焼きをもらうのでもいいし、売れなかったらネギでもいいですよ!」と申し出たとか。この体当たりのオファーが、とてもうれしかったようで、ロビンさんはうれしそうに笑いながら、「おもしろいでしょー」を連発していました。最終的にはノーマルな支払い方法で収まったようですが、ロビンさんにとっては、こうしたやりとりがたまらなく楽しいようです。ロビンさんをとりまく、不思議なネットワーク。その広がりの一端をかいま見たようなエピソードでした。

*今日の飲み物
「カフェきょうぶんかん」で、二人ともアイスレモンティー。なにしろ暑かったのです。

●カフェきょうぶんかん
東京都中央区銀座4−5−1
TEL:03-3561-8708

写真
○上
「見る・つくる・知る おしゃれなアフリカ1 アフリカンドレス」
アフリカ理解プロジェクト 編/明石書店/1000円
○中
「アフリカンドレス」の中のカンガのページ
○下
ロビンさんからのお土産。マテ茶とお月見用の月餅。

tamiko

Tamiko
Robbinさんとのお友達歴約12年。
このHPの編集を担当。
旅好き、猫好き、昼寝好き。
長唄三味線歴4年。
http://www.matoma.jp/


HomeConcert ScheduleFor first time visitorsLive Photo | Window-shoppingOur Wonderful EarthTea breakLinks
mark
Robbin Lloyd Official Site
お問い合わせ:どら・くりえーしょん TEL.&FAX.075-752-1941
e-mail:  
Copyright (c) DORA CREATIONS. All Rights reserved.
Site design by MA+MA Planning Atelier : www.matoma.jp/