Home
Concert Schedule

For first time visiter
Window-shopping
Our Wonderful Earth
Tea Break

Links

Our wonderful Earth




カエル



つい先日のこと。すっかり古くなった財布の中を整理していたら、小銭入れポケットがぷっくりとふくらんでいる。開けてみると、小さな緑色のカエルが転がり出た。もちろん本物のカエルではなく、観光地の土産物屋でよく売られている、あの財布から出て行くお金がいつかまた「カエル」といういわれのある小さなお守り。
このカエル、だれにもらったものなのか、いつから財布に入っているのかさえ定かではないけれど、確かに私は今まで、快適に暮らし、眠る場所に困るようなこともなかった。よく食べ、生活に必要なものは何でもあって、友達と遊びに出かけたり、誰かにプレゼントをもらったり、それに旅行を楽しむこともできる。この財布から出て行ったお金は確かにかえってきた。この小さなカエルのおかげかな・・・

中身を入れ替える先の新しい財布を目の前にして、はて、このカエルをまた入れたものかと考えた。これまで世界の旅先で見たたくさんの人々のことが思い返された。屋根のない所で眠りにつく人々。翌日まで腹持ちのしない食事を強いられたり、次にいつ食事ができるかわからなかったりする人々。働く気はあるのに働き場のないたくさんの健康な若者たち。家族の誰かが病気にかかっても薬はぜいたく品で、医者にかかるために何日も歩き、途中で手遅れになってしまう人々。考えてみれば、ここ日本にだって路上での生活を余儀なくされている人々がいて、彼らも同じように苦しんでいる。

 
じゃあ、このカエルはどうしたらいい?慈善団体へ送る?近所のお寺へ寄贈する?駅周辺でダンボールの上に寝起きするおじさんのコートのポケットにそっと忍ばせる?だけど、もともと何も持たない人々に一体どうやって富が「カエル」のか?

今のところ、私の周りにこの小さなカエルの行くべき場所はないようだ。とりあえず、机の上の小さな仏様のそばに座らせたら、カエルも少しは落ち着いた。でも、カエルさん、私にくれたような幸せを他の誰かに授けるために、はやく跳び出して行ってね。

HomeConcert ScheduleFor first time visitorsLive Photo | Window-shoppingOur Wonderful EarthTea breakLinks
mark
Robbin Lloyd Official Site
お問い合わせ:どら・くりえーしょん TEL.&FAX.075-752-1941
e-mail:  
Copyright (c) DORA CREATIONS. All Rights reserved.
Site design by MA+MA Planning Atelier : www.matoma.jp/