Home
Concert Schedule

For first time visiter
Window-shopping
Our Wonderful Earth
Tea Break

Links

Our wonderful Earth



Rainstick Therapy
レインスティックセラピー



コンサートや音楽療法のセッションで使うたくさんの民族楽器の中でも、レインスティックはとても人気があります。日本の音楽療法の世界では、近頃人気のアイテムで、耳に心地よく、リラックスできる「ヒーリングミュージック」、「ナチュラルサウンド」を表現するのにもってこいの楽器とされています。
でも、わたしは、古来からの言い伝えにのっとって、レインスティックをあまり使わないようにしています。特にくっきりと晴れ上がった季節には・・・・・・。「レインメイカー(雨乞いの道具)」は旧大陸の各地でかつては地元の人々に大切に奉られ、一年のうちで一、二回程度しか取り出されなかったのではないか、と思います。それらは儀式の歌と一緒に使われ、豊作を願うため、または旱魃の被害を食い止めるために神々に雨乞いをするために使われる道具でした。現在でもアメリカ大陸の降雨量の少ない砂漠地域には、この伝承が残っています。これらの土地ではレインスティックは単なる楽器ではないのです。
音楽の持つ力が人々の生活にさまざまな奇跡的な影響を及ぼしたり、論理的に説明できないような結果をもたらしたりすることは、近頃人々の知るところとなってきています。レインスティックも過去何千年もの間、人々の心に深く根付く信奉を反映し、祝福と癒しを与えながら、奇跡を起こしてきた多くの道具のひとつに数えられます。方法の呼び方やヒーラー(療法士)の呼び名が変遷しただけで、音楽療法は決して新しいものでも、西洋文化から生まれたものでもありません。

レインスティックここで、わたしの言うところの「レインスティックセラピー」に替わるもっと簡単で効果的な方法をお教えしましょう。雨の日に外に出て遊びましょう!長い散歩をしましょう。雨の音がよく聞こえる場所を探しください。街の喧騒から離れ、人々の話し声のしない公園や森や丘など。そこで目を閉じ耳を澄ませて下さい。深く息を吐いて、気持ちのいい空気を吸い込み、手のひらに雨のしずくをためて、頬や腕や足を軽くぬらしましょう。唇を潤して、しずくを味わってみてください。そして、一生のうち3、4回しか雨に恵まれない南米のアタカマ砂漠に暮らし、かつてレインスティックを使っていた人々に思いを馳せてみてくだい。
次の雨の日には、友達やちょっと疲れてるかなという人を誘ってみませんか。話す必要はありません。じっと雨の音に耳を澄ませればいいのです。笑いたくなったら笑いましょう。それから、世界中の子供たちがするように雨の中で遊びましょう。レインスティックは楽器としても、おもちゃとしても、確かに楽しいもので、現代のわたしたちの生活にもなじんでいます。でも、日本は他の太平洋に浮かぶ島々と同様、雨に恵まれた土地です。自然に立ち戻って、本当の雨の声に耳を澄ますことができるなら、そしてその声が教えてくれることを理解できるなら、この地にレインスティックは必要ないんじゃないでしょうか。


HomeConcert ScheduleFor first time visitorsLive Photo | Window-shoppingOur Wonderful EarthTea breakLinks
mark
Robbin Lloyd Official Site
お問い合わせ:どら・くりえーしょん TEL.&FAX.075-752-1941
e-mail:  
Copyright (c) DORA CREATIONS. All Rights reserved.
Site design by MA+MA Planning Atelier : www.matoma.jp/