Home
Concert Schedule

For first time visiter
Window-shopping
Our Wonderful Earth
Tea Break

Links

Our wonderful Earth



ちり紙ロビン


今年1月6日付け朝日新聞夕刊(関東版)に、かなり大きな写真と一緒にわたしとカリンバの記事が半ページを使って掲載されました。その時の記者さんによると、230万部が発行されて、さらに朝日新聞社のホームページにも同じ記事が掲載されるということでした。この日の夕方から翌日の朝刊が出るまでの間、わたしの顔が東京中の駅のプラットホームや、地下鉄の車両の中や、喫茶店や、オフィスの机や、夕飯の食卓に出現しているところを思い描いてみてください・・・!

みなさんがこの通信を読んでいる今では、新聞記事のニュースもすでに古いものになってしまっていますが、その影響はまだしっかりそこいら中に残っているのです。最初の発行は東京都心部以外までは広がらなかったとは言え、この春以降は、たとえみなさんがわたしの顔に気づかなくても、広がりは全国的な規模になっていると思います。

あの記事の発行は、わたしのキャリアにおいて、これまでにない大きな出来事と言えます。音楽に関してのみではなく、(朝日新聞の協力を得て)エコロジーと環境保護運動への貢献という意味です。どういうことかと言うと……あの1月の夕刊の発行から24時間以内に、わたしの顔がいろんなエコロジー的プロジェクトに出現しているのです。公園のホームレスの人々の敷物となり、100円ショップのカップや皿の包装紙になったり、てんぷら屋さんの油切りの紙になったり、その他もろもろというわけです。

さらに今ごろは、新聞のリサイクル作業が終わり、わたしの記事は寸断され、再生されて最新の新聞に生まれ変わっているのです。はたまた、漂白され、ノートの表紙に再生されたり、ひょっとしたら、この花粉のシーズンにあなたの涙や鼻水をふき取るティッシュにわたしの顔や名前が溶け込んでいるかもしれません。

さらに多くの部数が古新聞の山となって、各家庭の玄関先やガレージ前に積まれ、わたしの公共への影響はまだしばらく続くのです。どこかの古紙回収業者で、もしかしたらわたしのライフストーリーがトイレットペーパーに再生されているかもしれないのです。230万ページが何万メートルものロールに巻かれ、フレッシュな香りとともに再び全国に広がっていくのです。今度トイレに座るときには、トイレットペーパーを光にちょっとかざして、文字やわたしの表情がうっすらと残っていないか探してみてください。(アレ、ひょっとしたら、コレって"ちり紙ロビン"?)それから、笑って…………。

朝日新聞の記事は、こちらでも見ることができます。
http://www.asahi-mullion.com/mullion/column/w-music/050106index.html

Robbin
朝日マリコン・コムより転載


HomeConcert ScheduleFor first time visitorsLive Photo | Window-shoppingOur Wonderful EarthTea breakLinks
mark
Robbin Lloyd Official Site
お問い合わせ:どら・くりえーしょん TEL.&FAX.075-752-1941
e-mail:  
Copyright (c) DORA CREATIONS. All Rights reserved.
Site design by MA+MA Planning Atelier : www.matoma.jp/